blonde, yellow shirt, sitting in the kitchen

薬での治療法

woman is lamenting

双極性障害は放っておくと自殺に繋がる危険性を孕んだ病気です。躁状態での自分の行動への後悔や、不安や焦りが溜まり、じっとしていられなくなって自殺をしてしまいます。海外での研究ですが、約20%の患者が自殺をしているという結果が出ています。誰だって自殺なんてしたくないですし、大事な人にも自殺をしてほしくないですよね。だから自分で双極性障害だと気付いたらすぐに病院へ行きましょう。周りで双極性障害だろうと思われる人が居たら、すぐに病院へ連れて行きましょう。
誰もが発祥する危険性のある双極性障害ですが、もちろん治療方法は存在します。治療法はいくつかあり、一つ目は薬での治療です。双極性障害はうつ状態と躁状態の移り変わりという、いわば心の乱れです。なので気分安定剤を使っていきます。坑うつ薬を使ってしまうと、急速交代型に変わってしまう可能性が高いため、あまり望ましくはありません。気分安定剤のおかげで、症状が緩和されていきますが、完治したと勘違いしてはいけません。一時的に治まっているだけなので、継続的に服用しなくては完治しません。双極性障害は再発の可能性があるため、尚更継続して服用しなくてはいけません。
主に双極性障害の治療で使われている薬は2つあり、気分安定薬と否定型抗精神病薬です。気分安定薬は感情の波を整えてくれ、双極性障害の治療薬では最もポピュラーです。否定型坑精神病薬はイライラや不安感といったものをやわらげてくれる働きがあります。