blonde, yellow shirt, sitting in the kitchen

どんな症状なの?

woman is sitting and worried

躁状態とうつ状態を交互に繰り返す双極性障害ですが、2つのパターンが存在します。双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害の2つに分けられます。前者の双極性障害は強い躁状態で、後者の双極性障害は弱い躁状態なんです。前者の双極性障害は俗に躁うつ病と呼ばれていました。一般的な躁状態なので、周りからも「これは躁病だ」と気付かれ易いです。なので双極性障害の発見が容易です。一方、後者の双極性障害は、弱い躁状態なので、自分でも周りでも中々その事態に気付けません。双極Ⅰ型障害はハイテンションになり周りにも迷惑を掛けます。そして躁状態でもうつ状態でも無い普通の状態を挟み、うつ状態へと移行していきます。こんな極端に人が変わってしまえば、周りも自分も嫌でも異常に気が付きます。しかし、双極2型障害は軽い躁状態なので周りも自分自身も「なんだか調子が良いなぁ」ぐらいにしか思いません。だから発見が遅れてしまうのです。誰かに迷惑を掛けているわけでは無いのですが、放っておくと悪化してしまう危険性があるので、早期発見するに越したことはありません。弱い躁状態の基準は、そのテンションの高く「なんだか調子が良いなぁ」という気分が4日以上続いているかどうかです。あくまで基準のひとつなので、これに当て嵌まらなかったからといって安心はしないでください。
上記の双極Ⅰ型障害と双極Ⅱ型障害の他に、軽度のうつ状態と軽度の躁状態が交互に素早く訪れる症状のことを急速交代型と言います。これは双極性障害の患者に坑うつ薬を使うとこの症状に変わってしまう可能性があります。