blonde, yellow shirt, sitting in the kitchen

うつ病と躁病

pills have purple and green

双極性障害の症状は非常に危険なものですが決して治らない病気ではありません。治療によって改善することが可能です。

クラミジアは潜伏期間が長く感染していても最初はほとんど症状らしい症状も出ないことが多いです。適切な予防でパートナーを守りましょう。

世の中には精神疾患がたくさんあります。その中でも有名なのはうつ病ではないでしょうか。うつ病は誰もがなってしまう可能性があり、とても身近なものなんです。実際にうつ病である人は多いです。うつ病の症状は1つだけではなく様々です。まず倦怠感です。体の疲れやダルさが消えず、何をするにしてもやる気が起きません。全てにおいてマイナス思考になってしまいます。次は睡眠状態です。夜になかなか寝付くことが出来なかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、あまり眠った気がしないなど、睡眠に異常があります。朝早くに目が覚めてしまうのもうつ病の症状とされています。後は食欲にも影響が出てきます。急激な食欲の減少や増加、何を食べても美味しさなどの感動が無いなどです。更に性欲などの低下もあり、人間の三大欲求に軒並み異常が起こります。
もうひとつ有名な精神疾患は躁病です。こちらはうつ病とは逆で、異常にハイテンションになったりします。テンションが高いだけなのなら何も問題が無いように感じますが、そうではありません。異常なまでにハイテンションなのです。なんの根拠もなく自分の生活が上手く行っている、調子がいいと感じ、さまざまな支障を来たしてしまいます。例えばお金を無計画に使いすぎたり、態度が大きくなりすぎて周りを強く怒鳴ったり、じっとしていられなくなったりします。
このうつ病の症状と躁病の症状を交互に発症してしまうことを“双極性障害”と言います。双極性障害の症状は先に書いた通りうつ病のようなマイナス思考の症状と、躁病のプラス思考的な症状を繰り返し起こします。この2つが合わさる双極性障害はとても危険です。双極性障害の何が危険かというと、躁状態に取った自分の行動を、うつ状態の自分が酷く後悔してしまう点にあります。双極性障害には自殺者も多いです。
ここでは、そんな双極性障害について色々と見ていきましょう。

勃起不全で悩まれる方の強い味方バイアグラの純正品のみを扱うお店です。院内処方なので外に行かず安心してお買い上げ頂けます。

どんな症状なの?

woman is sitting and worried

双極性障害とは、うつ状態と躁状態を繰り返すことです。これは本当に危険な精神病で、躁状態の時に起こした自分の行動をうつ状態の時に後悔していくことで、やがて自殺をしてしまうのです。

薬での治療法

woman is lamenting

双極性障害は自殺に繋がる病気です。約20%の人が自殺をしてしまっています。治療法はいくつかあり、ここでは薬での治療法を紹介しています。双極性障害は心の乱れなので、主に気分安定薬が使われます。

認知療法で治そう

there are many blue strips

双極性障害のもうひとつの治療法は認知療法です。自分の言動を客観的に見ていくことで、自分の感情を徐々にコントロールしていきます。自分の言動のおかしな点を冷静に考えられるようになれば、症状も段々と緩和されていきます。